利用規約

株式会社ラーナーズハイ(以下「当社」といいます)は、当社が提供する中国語及び多言語語学コーチングサービス「MUT(ムート)」(以下「本サービス」といいます)を本サービスの申込み者および利用者(以下「ユーザー」といいます)が利用することに関して、以下の利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、ユーザーは、本サービスに申し込みを行ったことをもって、本規約、当社が定める利用上の注意および個人情報の取扱いについて等を承諾したものとみなします。

第1章 本サービスの利用

第1条(本規約の範囲)

本規約は、当社とユーザーとの間の、本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条(本サービスへの申込み)

ユーザーは、当社が定める手続に従って、本サービスの申込みをします。ユーザーは本サービスの申込みにあたって、以下の各号に定める事項を遵守するものとします。

  1. 本規約を熟読し、その内容を承諾した上で、本サービスに申し込むこと。
  2. 本サービスは、コーチとの毎日のチャットと、対話形式のレッスンで、語学学習の進捗管理など、サポートを実施すコーチングサービスであり、語学を教える事でティーチングサービスではないことを理解した上で申し込むこと。
  3. 申込みに際して当社に提供した氏名、電子メールアドレスその他の情報(以下「登録情報」といいます)は、真実かつ正確なものであること。
  4. スマートフォン及びタブレット等、コーチによるチャットサポートを受けるために使用することができる電子機器を自らの費用負担で準備し、かつ、通信環境が本サービスの利用に支障がないことを確認すること。
  5. ユーザーが未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人の場合は、法定代理人等の同意を得ること。
  6. 当社が定める決済方法により利用料金を支払うこと。

第3条 (甲による登録情報等の取り扱い)

ユーザーの登録情報その他当社が取得したユーザーに関する個人情報は、当社が別途定める個人情報の取扱いに従い取り扱われます。本サービスを利用するに際しては、必ず「個人情報の取扱いについて」をお読みください。

第4条(登録情報の変更)

ユーザーは、当社に届けた登録情報の内容に変更があった場合、遅滞なく登録情報の変更手続をするものとします。 当社は、ユーザーが登録情報の変更を怠ったことにより生じたユーザーの不利益その他の負担に関して一切責任を負わないものとします。

第5条(ユーザーによる登録情報の管理)

ユーザーは、登録情報を厳重に管理・保管するものとします。ユーザーによる登録情報の失念、消失および登録情報の管理の不徹底による損害の責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、ユーザーは、自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに当社にその旨を通知し、当社の指示に従うものとします。

第2章 本サービス(中国語学習サービス)

第6条(入会事務手続きおよび継続事務手続き

  1. 「入会事務手続き」はユーザーが、本サービスの新規申込にあたり、担当コーチ(及び必要に応じてサポーター)のアサイン、本サービス受講開始サポート、およびレッスン(コーチングセッション)一括予約登録を行うための事務手続きになります。
  2. 「継続事務手続き」は本サービスの継続申込にあたり、担当コーチ(及び必要に応じてサポーター)のアサインを行うための事務手続きになります。
  3. 「入会事務手続き」は最新の本サービス契約終了時から180日間経過後に本サービスを改めて購入する場合は必要になります。
  4. 最新の本サービス契約終了時から180日間以内に本サービスを購入する場合は「継続事務手続き」のみが必要になります。
  5. 当社が、「入会事務手続き」および「継続事務手続き」を実施するタイミングはユーザーが本サービス申込み後の翌営業日になります。

第7条(コーチ)

ユーザーは、本サービスの提供期間中、コーチから、レッスン(コーチングセッション)を受けることができます。担当コーチは原則として一人としますが、予約後に日時が変更された場合やその他の理由により、他のコーチがレッスン(コーチングセッション)を実施することがあります。また、特段の理由がない限り、ユーザーによるコーチの指名はできません。

第8条(レッスン)

「レッスン」(コーチングセッション)は、当社のコーチが本サービスのカリキュラムに基づいて行う対話形式のレッスンで、語学学習の進捗管理など、サポートを実施するものです。語学を教えることはサービスではございません。ユーザーは、「レッスン」について、以下の各号に定める事項に予め同意し、了承するものとします。

  1. 「レッスン」は50分間で、各回の宿題確認テストの時間も含みます。
  2. 「レッスン」は、初回レッッスン時に、連続した週1回のレッスン日時を基本として確定します。
  3. ユーザーの遅刻を含め、ユーザー側の理由により開始が遅れた場合、コーチは予定していたレッスン開始時間から30分間、待機いたしますが、レッスン終了時間の変更は承りかねます。また、予定していたレッスン開始時間から30分が経過した時点でユーザーが受講を開始していない場合は欠席扱いとします。
  4. 本条3号に定める状況の場合も、予約された「レッスン」を提供したものとみなします。
  5. 「レッスン」の日程変更は、必ず変更するレッスン日を含む8日前までにお申し出いただく必要があります。
  6. 「レッスン」の日程変更の回数上限は、各コースのレッスン回数の4分の1までです。
  7. 「レッスン」提供期間は連続した週1回のレッスン日時に加え2週間以内とします。

第9条(料金)

本サービスの料金プランについては、(https://mut-inc.com/#price)をご参照ください。

第10条(サービス規定

ユーザーは、本サービスについて、以下の各号に定める事項に予め同意し、了承するものとします。

  1. ユーザーは、当社が別途定める本サービスに関わる費用の支払を完了し、着金確認を当社からユーザーに伝達した時点より本サービスを利用することができます。
  2. 当社は、ユーザーへの一貫性のあるサービスを提供するため、トレーニングで得られた情報を記録し、当社内で共有・活用いたします。
  3. 前号で得られた情報には、ユーザーの個人情報が含まれる場合があります。
  4. 当社は、円滑な本サービス提供のため、提供する本サービスの録音・録画を行うことがあります。したがって、ユーザーが参加するトレーニングは、当社によって録音・録画される可能性があり、当社は、当該録音・録画を当社内で共有・活用いたします。

第11条(クーリング・オフ

ユーザーは、本サービスに係る契約締結後、契約内容確認書を受領した日を含む8日間が経過するまでは当社に対して書面又は電子メールにより通知することにより、無条件に、本サービスに係る契約を解除(クーリング・オフ)することができます。
クーリング・オフが行われた場合、当社は本サービスに係る契約に伴う損害賠償、または違約金の請求をしないほか、提供したサービスの有無に係わらず、クーリング・オフされたコースの受講料全額を返金します。返却に要する費用は当社の負担とします。

第12条(中途解約)

ユーザーは、前条第1項に定めるクーリング・オフ期間経過後であっても、当社に対して書面又は電子メールにより通知することにより、本サービスに係る契約を中途解約することができます。
本サービスに係る契約が中途解約された場合、当社は、ユーザに対し、契約締結費用、本サービス提供の対価及び当該中途解約時に生ずる損害額(以下「解約手数料」という。)を請求することとします。契約締結費用、提供済役務の対価、及び解約手数料は以下の通りとなります。

  1. 中途解約通知が本サービス提供開始前の場合
    ユーザーが本サービスの提供を一切受けていない場合は、15,000円の解約手数料を請求いたします。
  2. 中途解約通知が本サービス提供開始後の場合
    ユーザーが本サービスの提供の一部を受けた場合、下記aとbの合計額を請求いたします。
    a. 既に提供されたサービスの対価に相当する額(日割り計算)
    b. 50,000円または契約残額(契約金額から既に提供されたサービスの対価に相当する額を減じた金額)の20%に相当する額のいずれか低い額。

第13条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたって、以下の行為、またはそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。

  1. 本サービスに関連して営利を目的とする行為。
  2. 当社の所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権等の権利を侵害する行為。
  3. 本サービスの運営を妨害する行為。
  4. 本規約、法令若しくは公序良俗に反する行為。
  5. 他の会員、当社または第三者に不利益、損害を与える行為。
  6. 本サービスまたは当社の信用を失墜・毀損させる行為。
  7. 虚偽の情報を登録する行為。
  8. コーチへの嫌がらせや不良行為などトレーニングの進行を妨げる等のハラスメント行為(なお、ハラスメント行為の認定は、事実確認を行った上で、当社の判断により行うこととします)。
  9. コーチの個人情報および雇用条件やコールセンターの場所、インターネット回線など当社の一般的に開示していない機密情報を詮索し、または第三者に対して開示する行為。
  10. 電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、本人またはその代理人がコーチと個人的に接触しようとする行為。
  11. コーチを、自ら、雇用若しくは業務委託し、若しくは雇用又は業務委託を勧誘し、又はこれらの者に対して現在の地位から退任若しくは退職することを勧奨する行為。
  12. オペレーションセンターへの暴言・脅迫行為、またはトレーニングやオペレーション業務の進行を妨げる行為。
  13. 特段の理由がない限り、本サービスを受講する際に担当コーチを指名する行為
  14. 前各号に定めるほか、当社が不適当と判断する行為。

ユーザーが前項8号、9号、10号、11号、または12号に定める行為を行い、それが主たる要因となって以下の事由が発生した場合は、当社はユーザーに対し、当社が被った損害を請求することができます。

  1. コーチが当社を退職し又は業務委託契約を解約した場合。
  2. コーチが当社の競合たりうるサービス・企業に就職し又は業務委託契約を締結した場合。

なお、本条の規定は、ユーザーによる本サービスの利用の終了および本サービスに係る契約の解約後も有効とします。

第3章 一般条項

第14条(知的財産権等)

本サービスに関する商標、ロゴマーク、記載、教材等についての著作権等の知的財産権および所有権は、全て当社に帰属します。

第15条(損害賠償

ユーザーの行為により当社が損害を被った場合又はユーザーの行為により他のユーザー若しくは第三者からクレームを受け、当社が損害等を被った場合、当社は当該ユーザーに対して損害賠償を請求できるものとし、当該ユーザーは、直ちに請求金額を当社に支払うものとします。

第16条(第三者との紛争の解決

ユーザーは、本サービスの利用に関して自己の責に帰すべき事由で第三者に対して損害等を与えた場合又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用において処理し、解決しなければなりません。
ユーザーは、本サービスに関して生じた第三者との紛争の調査のために当社が要請した場合、これに協力しなければなりません。

第17条(本サービスの停止・終了)

当社は、以下の事由に該当する場合、本サービスの全部または一部を停止することができ、当該事由に起因してユーザーに損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。

  1. 天災地変、火災、停電、その他の非常事態により本サービスの運営が不能又は困難となった場合
  2. 戦争、内乱、暴動、労働争議等により、本サービスの運営が不能又は困難となった場合
  3. 法令、またはこれらに基づく措置により本サービスが提供できない又は提供が困難となった場合
  4. その他当社の責任によらない事由で本サービスの提供が困難な場合

当社は、本条第1項または第2項の事由により本サービスの全部または一部を停止する場合、事前または事後にウェブサイトまたは電子メール等によりユーザーにその旨を周知または通知するものとします。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

第18条(免責事項)

ユーザーは、以下に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、当社が賠償責任を負わないことに同意します。

  1. 本サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと
  2. 本サービスの運営に必要なシステム等の一時的又は大規模なメンテナンス
  3. ネットワーク回線の混雑、プロバイダー等の障害その他予期せぬ要因により生じた表示速度の低下や障害
  4. 地震、津波、台風、雷、大雨若しくは洪水等の天災、戦争、テロ、革命又は労働争議等の不可抗力
  5. ユーザーの送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと
  6. 本サービス中の第三者による発言または行為
  7. ユーザーが本サービス受講後に受けた試験の合否など、本サービスの学習効果等
  8. ユーザーが当社またはコーチに対して伝えた情報
  9. 本サービスの利用に際して、ユーザーが満足な利用ができなかった場合でも、以下の状況に該当する場合
    • 急激な生徒様数の増加等により、提供トレーニング数が一時的に不足している状況
    • 希望する時間帯の本サービスが予約できない状況
    • 特定のコーチの本サービスが予約できない状況
  10. 通信の障害
  11. 本サービス利用時にコンピューターウイルス感染等により発生したコンピュータ・回線・ソフトウェア等の障害、および本サービスに使用するソフト、配信ファイルによりトレーニング中、トレーニング以外の使用で発生したあらゆる障害
  12. その他当社の責めに帰すことのできない事由

第19条(反社会的勢力の排除)

ユーザーは、本規約等締結時及び将来において、次の各号に掲げる事項につき、表明し保証します。

  1. 暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又は暴力団関係者、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」と総称する。)ではないこと。
  2. ユーザー又はユーザーの関係者が、反社会的勢力との間に取引等の関係を有していないこと。
  3. ユーザー又はユーザーの関係者が、反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、反社会的勢力の維持・運営に協力又は関与していないこと。
  4. ユーザー又は第三者を利用し、当社及び当社の役職員、株主、親会社、子会社、顧客、取引先等に対して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞等を用いて、その名誉や信用を毀損し、又は当社の業務を妨害しないこと。

当社は、ユーザーが第1項の規定に違反した場合は、何らの催告を要さず、直ちに本サービスの解約、利用停止、各種契約を解除できるものとし、また、これにより被った損害の賠償を請求することができるものとします。
当社は、前項の契約解除等を行ったことによりユーザーに損害が生じた場合であっても、一切の賠償責任を負いません。

第20条(本規約の変更)

当社は、当社が必要と認める場合はいつでも本規約を変更することができます。ただし、変更後、速やかにその旨をユーザーに通知することとします。本規約の変更の効力は、当社が別途定める場合を除いて、当社のWEBサイト上に変更後の本規約を表示した時点で生じるものとします。本規約の変更の効力が生じた後は、本サービスの利用条件は変更後の本規約に従うものとします。

第21条(無効規約の分離)

本規約のいずれかの規定が、当社とユーザーとの間で適用される法令等により無効とされる場合であっても、本規約の他の規定には影響しないものとします。

第22条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本国法とします。

第23条(協議事項・管轄裁判所)

本サービスに関連して当社とユーザーとの間で疑義・問題が生じた場合、その都度誠意を持って協議し、解決を図るものとします。
前項の協議によっても疑義・問題が解決しない場合、当社の本店所在地を管轄する裁判所をもって、第一審における専属的合意管轄裁判所とします。

第24条(その他)

本規約において定める日時および日数は、特に定めがない限り、全て日本時間および日本の暦日によるものとします。

制定日 2019年9月10日